HOME > ナッツ Mush(マッシュ)

ナッツ Mush(マッシュ) カタログ

ナッツ Mush(マッシュ) 写真1 ナッツ Mush(マッシュ) 写真2

九州のキャンピングカービルダー、ナッツが造るMush(マッシュ)という小型
キャブコンキャンピングカー2011年のカタログ。

このナッツというキャンピングカービルダーは、キャンピングカー業界では歴史
が浅いものの、かなり「頑張って真剣にキャンピングカーを造っているメーカー」
だと思います。

それというのも、それまで白一色だったキャブコンのボディーカラーを、数種類
の中から選べるようになったことや、ボディーパネルにアルミを採用するなど、
新技術の導入にも余念がありません。

キャブコンキャンピングカーは、白いボディーにストライプなどのステッカー、
という概念を、見事に崩したビルダーと言えます。

ナッツ Mush(マッシュ) カタログ

ナッツ Mush(マッシュ) 写真3 ナッツ Mush(マッシュ) 写真4

無垢材の家具をうまく使った室内は、落ち着いた雰囲気で、ヨーロッパ製の
高級キャブコンキャンピングカーの内装を、よく勉強していると感じるところ。

小型キャブコンながら、後部二段ベッドやマルチルーム(カセットトイレを
設置可能)、40Lの1WAY冷蔵庫に、実用的な大きさのキッチンなど、
本当の意味で使えるキャンピングカーとなっています。

それでも車内は意外に広々としていて、小型キャブコンだから設備は簡易で、
小さなサイズでいいという考えは、このナッツのマッシュには無いようです。

この装備内容で、全長4870mmX全幅1960mmX全高2700mmの
サイズに収めていて、外観もスタイリッシュです。

ナッツ Mush(マッシュ) カタログ

ナッツ Mush(マッシュ) 写真5 ナッツ Mush(マッシュ) 写真6

アルミボディーパネルを採用し、軽量化、リサイクル、安全性を高めたシェルは
他のキャンピングカービルダーも真似をして欲しいところ。

さらに、ベース車両である、日産バネットトラックの足回りを、通常のリーフ
スプリングとトーションバーを2t用+オリジナルに変更、リーフスプリング
の枚数を通常の3枚から5枚に増すなど、足回りの強化・改良にも余念があり
ません。

アンダーフロアーFRPシートを、シェル最下部に設置し、サブフレームを
防水・防錆し、見えないところにもきちんと気を配っているところが、評価大

キャンピングカーショーなどでも、大きなブースにたくさんの展示車両を
並べ、今一番勢いのあるキャンピングカービルダーではないでしょうか。