HOME > FIAMMA 総合カタログ

FIAMMA 総合 カタログ

FIAMMA 総合 カタログ 写真1 FIAMMA 総合 カタログ 写真2

キャンピングカーのパーツではお馴染みの、FIAMMA(フィアマ)のカタログ。

100ぺージ程もある立派なカタログというか、本で、キャンピングカーで
使われるパーツがこれでもかという位、掲載されています。

サイドオーニングだけでも、長さや幅で何種類もあり、本体の写真や紹介に
終わらず、サイドオーニング関係のパーツなども豊富に掲載。

細かい説明も書かれているようですが、なにしろ説明文が苦手な「英語」で
書かれているため、満足に理解することは出来ませんが、写真とイラストで
大体の想像はつきます。

FIAMMA 総合 カタログ

FIAMMA 総合 カタログ 写真3 FIAMMA 総合 カタログ 写真4

定番のルーフベントカバーに、不整地でキャンピングカーを水平に保つために使う
簡易式のレベラーや、スタック脱出用の板まで。

本当にこんなものまで必要なのか?と思えるようなものまで、実にさまざまな用品
や装備品が掲載されていて、言葉は分からなくても見ているだけで楽しいカタログ。

さらに面白いのは、やや露出度の高い妙齢のお姉さんが、ルーフベントカバーの
横に寝そべってこちらを向き、ニッコリと微笑んでいたり、自転車に乗っていたり
して、おおよそキャンピングカーのパーツとはかけ離れた演出が、レトロな感じと
アメリカらしいなぁ〜と思わせるところ。

FIAMMA 総合 カタログ

FIAMMA 総合 カタログ 写真5 FIAMMA 総合 カタログ 写真6

さらには日本のキャンピングカー使用シーンも写真に収められていて、この写真を
見る限りでは、バンテック社のジルに、そのベース車両であるカムロード用の何だか
補助ロックのようなものを紹介している様子。

日本のキャンピングカー市場など、他の諸外国に比べたら微々たるものだと思うの
ですが、意識はしているようです。

さらに、ロータスRV販売の、マンボウシリーズのキャンピングカーが数台集結し、
よく見てみると、ボディ側面にFIAMMAと赤いステッカーが貼ってあるように
見えますが、明らかに合成写真と分かる有様で、突っこみどころ満載のカタログは、
読みごたえ十分。

キャンピングカーショーなどでは、無料で配られていますから、装備品などに興味の
ある人は、ぜひ手に入れてみて下さい。