HOME > バンテック レオ・レオバンクス

バンテック レオ・レオバンクス カタログ

バンテック レオ・レオバンクス 写真1 バンテック レオ・レオバンクス 写真2

バンテック社製のレオとレオバンクスのキャブコンキャンピングカーのカタログ。

今となっては二段ベッドのキャンピングカーは珍しくもないですが、当時二段
ベッドのキャブコンはほとんどなく、ベッドを展開しなくても就寝できる環境
が常設されていたため、大変な人気を博したキャンピングカー。

スクエアなボディ外観は、好みが分かれるところですが、ストライプなどの装飾
なども皆無で、のっぺりとした印象。

バンテックには珍しく、アクリル二重窓がオプションになるなど、価格面も低く
抑えようとしていることが分かります。

バンテック レオ・レオバンクス カタログ

バンテック レオ・レオバンクス 写真3 バンテック レオ・レオバンクス 写真4

内装は、いずれもフロントエントランスで、レオは後部キッチンにトイレルーム、
レオバンクスは、最後部に二段ベッドと、その手前にトイレルームとキッチンが
ある、現在でも使われているレイアウトと同じ。

バンクベッドのは外観の形状が示す通り、横幅と奥行きはありますが、高さが
低いため、やや圧迫感のある造り。

同じく二段ベッドも、サイズは十分なのですが、開口部が狭く、実際に展示車両
の後部ベッドに潜り込んでみましたが、大柄な人は出入りが大変かもしれません。

カタログ

バンテック レオ・レオバンクス 写真5 バンテック レオ・レオバンクス 写真6

カセットトイレに温水シャワー、大容量給排水タンク、サイドオーニング、バック
アイカメラ、べバストFFヒーター、サブバッテリーシステムなども標準装備で、
この辺りはバンテックのキャンピングカーらしいところ。

シューズラックや、外部収納庫、ベッド下の大容量収納庫など、収納も多く確保し、
荷物の収納には困らない仕様。

ただ、トイレルームの外部扉の上部キー位置が高すぎて、手が届かないなどの
細かい苦情はあった模様。

実際に知り合いが所有していましたが、パネル工法のスクエアボディは、強風時の
橋の上ではかなり怖い思いをしたようです。

確かに車内空間は十分に確保できますが、走行安定性という面では、あまり四角い
ボディも考え物かもしれません。