HOME > Home&Park ロードトレック

Home&Park ロードトレック カタログ

Home&Park ロードトレック 写真1 Home&Park ロードトレック 写真2

カナダのキャンピングカービルダー、Home&Park社が製造し、ロードトレック
JAPANが輸入販売をしている「ロードトレック」という、日本で言えば「バンコン
タイプのキャンピングカー」のカタログ。

表紙からして「アメリカ」テイストで、ラスベガスの風景と、砂漠にあるような
岩の写真の脇で、妙齢の夫婦が語り合っているというお約束のような光景。

ビルダーの社長と息子が、仲良く自社のキャンピングカーで旅をしています、
というようなことがいきなり書かれていて、この辺りは日本のキャンピングカー
ビルダーのカタログでは、決して見ることのない演出。

クラスBにおいては、北米でNo1の実績があるということも、アピール。

「キャンパーはどうあるべきか」ということを常に考えて、キャンピングカーを
開発・製造をしているとも書いてあります。

Home&Park ロードトレック カタログ

Home&Park ロードトレック 写真3 Home&Park ロードトレック 写真4

このロードトレックというキャンピングカー、室内の造りのいろいろな所に
特許となる技術を保有していて、ともすれば狭いバンコン内をいかに広く
使えるようにするかに、苦労のあとが伺えます。

一体成型のハイルーフと、床を下げることによって、頭上のクリアランスも
十分で、大柄なアメリカ人でも、かがまなくてよいとのことで、日本人の平均的
な人であれば、天井が低いなどということはないでしょう。

しかし、いかにアメ車とはいえ、日本でいうバンコンですから、車体が多少大きい
だけでは、室内空間に制約があることも確か。

それど広いとは言えない空間に、トイレ、シャワー、ベッド、キッチン、クロー
ゼットなどの装備品が所狭しと配置され、これだけの空間に、よく詰め込んだと
感じるところで、使い勝手はどんなものなのでしょうか?

押し出しの強いフロントマスクと、ワイドボディで、トレーラーを牽引しても
かなり「サマ」になるキャンピングカーです。

Home&Park ロードトレック カタログ

Home&Park ロードトレック 写真5 Home&Park ロードトレック 写真6

バンコンとしての車両の安全性を証明するために、キャンピングカーのカタログ
では珍しい、横転や衝突試験の様子を紹介。

安全なキャンピングカーだということを、最大限アピールしています。

さらに、寒い場所での水まりの凍結を予防する造りや、スペアタイヤの収納や
脱着方法なども紹介されていて、このあたりも国産キャンピングカーのカタログと
大きく違う点です。

全体的には、安全で室内装備と空間が充実していると、最大限にアピールして
いて、アメリカらしいキャンピングカーのカタログだと思うところです。