HOME > バンテック JB490S・490T

バンテック JB490S・490T カタログ

バンテック JB490S・490T 写真1 バンテック JB490S・490T 写真2

バンテック製のコンパクトキャブコン、JB490SとJB490Tのカタログ。

当時はヒュンダイ製のSRXトラックというベース車両を使ったキャンピングカー
を製造していたバンテック、エンジンは三菱製ということで、エンジン自体の信頼
性は問題ありませんでしたが、何せハンドルが左ハンドル。

エンジン馬力は145馬力と十分な出力があったにも関わらず、ベース車両が敬遠
され、意外に短命だったモデル。

バンテック JB490S・490T カタログ

バンテック JB490S・490T 写真3 バンテック JB490S・490T 写真4

内装も、JB490Tには5.1chのサラウンドAVシステムを組んだり、
電磁調理器を装備したりして、今までのバンテックのキャンピングカーとは
ちょっと違った印象。

キャンピングシェルはバンテックのお家芸である、一体成形FRPボディで、
バンクベッドやその他のラインも美しく、コンパクトキャブコンの中でも、
カッコイイ部類に入るキャンピングカーだと言えます。

FFヒーターやサイドオーニング、カセットトイレにサブバッテリーシステム
なども標準装備で、エントランスドアにはSEITZ製の高級ドアを使うなど、
装備内容も充実。

バンテック JB490S・490T カタログ

バンテック JB490S・490T 写真5 バンテック JB490S・490T 写真6

トヨタタウンエーストラックのベース車両を使ったモデルは、全長4950mm
なのに対して、ヒュンダイSRXを使ったモデルは全長5555mmとやはり
ボンネットがある分、全長が長かった模様。

2005年3月〜2007年5月頃までの2年間しか販売しなかったこのモデルは、
あまり乗っている人もいなくて、特にSRXベースキャンピングカーは貴重品かも
しれません。

ベース車両のタウンエーストラックのモデルチェンジに伴い、今は日産バネット
トラックが小型キャブコンキャンピングカーのベース車両となっている今、これ
らの中古キャンピングカーは稀少価値があるようです。