HOME > ファンルーチェ セレンゲティ

ファンルーチェ セレンゲティ

 写真1  写真2

株式会社 キャンピングカーランドが手掛ける、ファンルーチェブランドの
「セレンゲティ」という名前の200系ハイエースをボディカットした、本格
キャブコンキャンピングカー。

200系ハイエースのフロントマスクとの調和もとれているため、見た目にも
“カッコイイ”キャブコンキャンピングカーに仕上がっています。

バンクベッドや対面対座シートに、サードシート3点式シートベルト、集中ドア
ロック付きのエントランスドアは、コンビロールやドアポケットなどが標準装備
されている高級品を使用。

バンクベッドサイズも1900X1900mm確保されていて、この種のキャブ
コンキャンピングカーとしては、十分な大きさ。

ファンルーチェ セレンゲティ

 写真3  写真4

落ち着いた色使いの室内家具に、キッチンや二段ベッドも標準装備され、
カセットトイレはオプションながら、マルチルームも完備。

床面に40mmの硬質発泡ウレタン断熱材を敷いた上、壁や天状にはダイビング
スーツにも使用されている、完全独立発泡ウレタンフォームを十分な量全面に張
り込み、断熱性を一段と高めているとのこと。

FFヒーターや冷蔵庫、ファンタスティックルーフベントなども標準装備品で
特に付け足さなくても、それなりに使えるキャンピングカーとなっている。

コンロはカセットコンロを設置するという割り切り様で、キャンピングカー
専用の使えないコンロよりは、よっぽど実用的で、キャンピングカーの装備品
をよくわかっていると思わせる装備内容。

ファンルーチェ セレンゲティ

 写真5  写真6

二段ベッド下にある巨大収納庫は、リアハッチからアクセス可能で、開口部は
キャンピングカーの全幅近くあり、使い勝手が抜群。

純正リアクーラーや、室内コンセントにポリカーボネイト製の断熱二重窓を
全ての窓に採用し、結露防止に役立っています。

さらに、外からは見えませんが、200系ハイエースをカットして作成している
キャンピングカーだけに、ボディ全体の強度を保つために、鋼製のスペースフレーム
を新設し、重量増を抑えながら、安全走行に貢献できるボディ構造となっている。

200系ハイエースをボデイカットして、フレームまで新設したキャンピングカー
だから、さぞかし高額になると思われそうですが、600万円台に抑えられている
あたり、企業努力が十分なされていると感じるところ。