HOME > バンテック 2006年製 コルドバンクス

バンテック 2006年製 コルドバンクス

バンテック 2006年製 コルドバンクス 写真1 バンテック 2006年製 コルドバンクス 写真2

バンテックセールス製2007年モデルの、「コルドバンクス」のカタログ。

新型のコルドバンクスとデザイン上の違いはほとんどなく、右サイドリアの
二段ベッド下に、アクセスドアがないこと位かも。

ラインテープなどのデザインや、配色でここまで雰囲気が変わるのかという
見本のような感じです。

バンテック 2006年製 コルドバンクス

バンテック 2006年製 コルドバンクス 写真3 バンテック 2006年製 コルドバンクス 写真4

室内に使用されている家具の色や、シート生地の色が違い、ガラリと雰囲気は
違いますが、レイアウト等は同じようです。

5m未満のボディに、常設二段ベッド、ダイネットのシートに、サイドソファ
の組み合わせと、オーソドックスな二段ベッドキャンピングカーのレイアウト
ですが、家具の配置や、角の処理などで思ったより広く見えます。

多目的ルームには、カセットトイレやポータブルトイレが設置でき、本格的な
キャンピングカーとしても改造できるように、配管や配線などの付帯設備が
あらかじめ埋設されているため、オプション品価格が少し安価な設定になって
いるのも特徴。

バンテック 2006年製 コルドバンクス

バンテック 2006年製 コルドバンクス 写真5 バンテック 2006年製 コルドバンクス 写真6

サイドオーニング、FFヒーター、冷蔵庫、リアクーラー、などもオプション
扱いで、500万円を切った価格のグレードもあり、本格的なキャブコンキャ
ンピングカーが、それなりの価格で手に入れられます。

しかし、この当時のカムロードディーゼルは、2.5Lの109馬力、これでも
これだけの重量のキャンピングカーには、馬力不足でしょう。

ガソリンエンジンは133馬力と頑張ってはいますが、いかんせんトルクが薄く
重量のあるキャンピングカーには不向きと酷評される場面も。

まだまだベース車両には、改良の余地が十分あった、この当時のキャンピング
カーです。