HOME > ナッツRV スティングレイ

ナッツRV スティングレイ

写真1 写真2

九州のキャンピングカービルダー「ナッツ」の製造している、キャブコン
スティングレイ。

ナッツのキャブコンらしく、キャンピングカーにありがちな白一色の外装
ではなく、落ち着いた色の配色となっています。

フロントフェイスもカバードされ、カムロードのトラック然とした顔つき
が分からなくなっています。

キャンピングカーの美しさを追求したモデルのようです。

ナッツRV スティングレイ

写真1 写真2

室内は渋い色の家具と、常設のダブルベッドを装備、バンクベッドも
装備されているので、カタログ上の就寝定員は2名ですが、4名が
ゆったりと就寝できるスペースが確保されています。

テーブルの端が折り畳めるようになっていて、車内の動線を邪魔しない
ような配慮や、常設ダブルベッド下の収納など、細部までよく考えられ
た造りとなっています。

ソファーも広々としていて、ゆったりと車内で食事などをすることが
できると思います。

ナッツRV スティングレイ

写真1 写真2

発電機専用の収納スペースの他にに、大きめのカーゴスペースが3ヵ所
設けられていて、キャンプ道具の収納にも困ることはないと思われます。

エントランスドアは、ドメティック社製のハイクラスタイプを採用し、
アクリル部分の窓は開閉可能な造りとなっています。

エントランス部分が低いため、車両内部にシェルフステップを設け、車外
にエントランスステップを付けない仕様のようです。

ヨーロッパのキャンピングカーのほとんどが採用していると言われている、
「アルミボディパネル」を採用し、断熱性や軽量化による安全性、さらには
100%リサイクルできる、アルミニウムの仕様により、環境性にも配慮
されたキャンピングカーを目指しているようです。

キャンピングカー業界も、このような環境対応モデルが今後も開発、販売
されていくのが主流となると思わせる、先進的なキャンピングカーと言えます。